[ 目次に戻る ]

『珠玉のことばたち』

レムナント誌から

「母の愛」

 ある若い男がいました。 彼は不良仲間の感化を受けて、しだいにぐれた生活をするようになりました。 彼の母親は、そうした彼の生活を見ながら、心を痛めていました。

子供の絵  彼はやがて、最も凶悪な犯罪を犯してしまいました。

人を殺したのです。

彼は警察につかまり、裁判にかけられました。
証拠は歴然としていました。

裁判で証人が、彼に不利な証言をするたびに、母のほうがより強く痛みを感じているようでした。


 ついに、彼に対する有罪が確定し、死刑の宣告が下されました。
人々はその宣告に満足しました。けれども母は、たじろがず、赦しを懇願しました。
それは、受け入れませんでした。
ついに刑が執行され、そののち母は、遺体の下げ渡しを願いました。
それも赦されず、遺体は慣習に従って、監獄の庭に葬られました。


 しばらくして母は亡くなりました。

しかし彼女の臨終の時、ただ一つ遺言を残しました。
彼女はその遺言の中で、自分の息子のかたわらに葬られることを願ったのです。
彼女は、自分が殺人犯の母と知られることも恥じませんでした。
どんなに出来の悪い子でも、どんなに大きな罪を犯した子でも、その子への愛情は変わらないのです。

レムナント誌から

このページの先頭へ